アラサーDINKSの年間収支をリアル公開!いくら稼ぎ、いくら貯めた?

七海(@nanamiblog)です。

2018年がはじまって1ヶ月ほど経ちましたが、ようやく2017年の年間収支を集計することができました。

一般的に、お金の貯めドキだと言われているDINKS家庭のわが家。

果たして2017年はいくら稼いで、いくら使い、いくら貯められたのでしょうか。

アラサーDINKSの年間収支を、リアル公開しちゃいますね!

 

2017年の収支総括

収支を振り返る前に、まずはわが家の家族形態を紹介。

  • 夫婦ふたり暮らし
  • 地方在住
  • フルタイム共働き
  • 賃貸(1LDK)
  • 車1台、原付1台所有
  • 夫婦ともに奨学金の返済あり
家計は基本的に妻である私が一括で管理。

収支は、すべて夫婦ふたり分です。

ちなみに…2016年の収支

2017年の収支を公開する前に、2016年の収支の振り返りです。

私たちが本格的に家計管理をはじめた2016年。

結果は、このような感じでした。

  • 629万1447円(手取り)を稼ぎ、
  • 280万7906円を生活に使い、
  • 奨学金を32万6652円返済し、
  • 315万6889円貯金できた。
目標だった年間300万貯金を達成し、資産形成への第一歩を踏み出したわが家。

ただし、奨学金(夫婦ふたり分)が250万ほど残っている状態でした。

2017年の収支

さて、本題の2017年収支です。

2017年は、2016年に貯めた300万を生活防衛金として確保しつつ、奨学金の繰り上げ返済をすすめました。

毎月の余ったお金はすべて奨学金返済にあてていったため、貯金が増えずにモチベーションが下がりそうになったことも。

しかし、借金が減っていくのを楽しみに返済をがんばりました。

そんな2017年の収支は、このような結果に。

  • 709万3079円(手取り)を稼ぎ、
  • 353万1316万を生活に使い、
  • 奨学金を254万5334円返済し、
  • 101万6429円貯金できた。
奨学金の返済を順調にすすめ、無事に完済することができました。

大学を卒業して以来、ずっと抱えていた借金を手放すことができたのでスッキリ。

有利子だし、繰り上げ返済に踏み切って良かったです。

 

2016年と2017年の比較

せっかく年間収支を出したので、2016年のそれと比較してみます。

【収入(手取り)】629万1447円→709万3079円

まず、収入です。

  • 2016年:629万1447円
  • 2017年:709万3079円
収入は、昨年比+80万1632円。

手取りで80万ほど増えたようです。

夫は、昨年よりベース給が増えて、手取り額とボーナスがUP。

私は、業績の調子が良くて、インセンティブが多めに入りました。

地方で一人ひとりの給料は低めですが、二馬力だとまとまったお金を稼ぐことができます。

【生活費】280万7906円→353万1316円

次に、生活費です。

  • 2016年:280万7906円
  • 2017年:353万1316円
生活費は、昨年比+72万3410円。

あれ、めっちゃ増えてる。

集計するまで、こんなに支出が増えていることに気付かなかったです…(笑)

主な原因としては、

  • ニトリのリクライニングソファを買った
  • サイバーマンデーでロボット掃除機やKindle、アンカー充電器など買いまくった
  • 海外ハネムーンに行った
こんなところでしょうか。

座り心地にうっとり…★ニトリ【電動リクライニングソファ】のレビュー

2017.08.01

ただしこれらの大型出費は、生活満足度を格段に上げてくれたので良しとします。

問題は、その他の小型出費。

日々の小さなムダ遣いの積み重ねで、生活費の平均が全体的に上がっていました。

私たちは基本が浪費体質なので、気を緩めるとすぐにムダ遣いしちゃいます。

夫は「ムダこそ人生」と豪語している危険人物だし、私のさいきんの楽しみはコンビニで買うバニラモナカジャンボ(とても美味しい)。

2018年は夫婦ともども気を引き締め、支出削減に努めたいと思います。

【奨学金返済】32万6652円→254万5334円

2017年は、奨学金の返済に力を注ぎました。

  • 2016年:32万6652円
  • 2017年:254万5334円
奨学金返済は、昨年比+221万8682円。

目標だった「2017年内に完済」を達成!

「奨学金さえなければ、返済分の250万を貯金できたのに…」という気持ちもなくはないですが、それを言ってもしょうがないので、前向きに考えていきます\(^o^)/

【貯金】315万6889円→101万6429円

奨学金返済にお金を使ったので、貯金はあまりできませんでした。

  • 2016年:315万6689円
  • 2017年:101万6429円
貯金は、昨年比-214万260円。

2017年は返済に精一杯で貯金はできないだろうと予想していたのですが、手取り収入が増えていたおかげで100万は貯金できました。

上出来、上出来。(じぶんに甘い)

 

2017年でお金を使ったトップ5

2017年、お金を使った項目を調べてみました。

すべての項目の順位を出したかったのですが、途中で集計に飽きちゃったので、トップ5のみ発表です。

【2017年にお金を使ったトップ5】

  1. 奨学金返済:254万5334万(月平均 21万2111円)
  2. 家賃:70万9296円(月平均 5万9108円)
  3. 食費:50万6148円(月平均 4万2179円)
  4. 交際費:26万9894円(月平均 2万2491円)
  5. 海外旅行:24万6428円(夫婦ふたり分)
堂々のトップは、もちろん奨学金の返済。

2~3位の「家賃」と「食費」は、まあ順当ですかね。

4~5位の「交際費」(ほぼ飲み会)と「旅行」は娯楽なので、2017年はけっこう娯楽にお金をかけていたようです。

その他、ソファやロボット掃除機など、買いたいものもわりと我慢せずに買っちゃったし。

どうりで楽しい1年だったわけだ…(笑)

 

まとめ:固定費を抑え、メリハリをつけた家計で楽しみを創出したい

2017年の家計収支は、ざっくりこのような結果となりました。

  • 709万3079円(手取り)を稼ぎ、
  • 353万1316万を生活に使い、
  • 奨学金を254万5334円返済し、
  • 101万6429円貯金できた。

GOODポイントは、しっかりと二馬力で稼ぎ、奨学金を完済できたこと。

BADポイントは、日々のちょっとしたムダ遣い(ペットボトルのお茶を買う、コンビニお菓子を買うなど)が多かったこと。

2018年は、大好きなコンビニ通いを少し控えようかな。

ただし貯まる家計をつくるためには、ちょっとしたムダ遣いを減らすより「家計簿をつける」「固定費を徹底的に削減する」などの、基本を守ることが大事です。

わが家が貯まる家計になった5ステップ。↓

【DINKS貯金術】新婚DINKSが1年で300万貯めた5ステップ

2017.04.06

生活防衛金を貯め終わり、晴れて借金もなくなったので、今年から「つみたてNISA」で投資もスタートします。

2018年・わが家の投資方針が決定。夫婦で「つみたてNISA」をフル活用

2018.01.21

「稼ぐ・使う・貯める・運用する」という良い循環をつくっていくのが今年の目標。

2018年もなるべく娯楽費を多めに取り(笑)、ストレスフリーな貯まる家計を目指し精進していきたいです^^♪

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です