今後の投資計画。「つみたてNISA」で何を積み立てるか、考えてみる

七海(@nanamiblog)です。

あと2ヶ月足らずで、「つみたてNISA」がスタートしますね。

そろそろ、ポートフォリオやアセットアロケーションを考えなくてはいけません。

正直、今、いろいろと迷い中。

頭の中を整理するため、今の段階で考えていることを記事にしてみます。

 

「積立投資」をするにあたって

現時点で、決まっていることは下記3点。

  1. 夫婦ともに「つみたてNISA」を使う
  2. インデックス投信を毎月積み立てる
  3. 基本的に「世界分散投資」を主軸とする

 

そして、迷っていることは下記3点。

  1. 株式のみにするか、債券にも投資するか
  2. 全世界株式一本にするか、複数買うか
  3. 目的を老後資金に限定するか、その他にも設定するか

 

ひとつひとつ、考えます。

 

決まっていること

まずは、決まっていることから。

 

◎夫婦ともに「つみたてNISA」を使う

夫婦ふたりとも「つみたてNISA」を使います。

そして、まだ投資初心者なので、リスクを取りすぎないよう投資額の上限は非課税枠内とすることにしました。

つみたてNISA:年40万×夫婦ふたり=年80万

つまり、年間の投資の上限額は80万です。

長期でこんなに投資に回し続けるのは無理だと思いますが、とりあえずDINKSのうちは上限額を投資できるようにがんばります。

iDeCo(イデコ)も検討中ですが、使うかどうかまだ迷い中…。

 

◎インデックス投信を毎月積み立てる

一時期はETFも投資対象として考えていましたが、低コストの魅力的な投信が続々と登場しているため、投信だけを使うことにしました。

そして、私には相場が読めないので、引き続きインデックス投資をしていきます。

インデックス投資の特徴は、こちら。↓

【インデックス投資とは?①】インデックス運用とアクティブ運用の違い

2017.05.21

 

◎基本的に「世界分散投資」を主軸とする

中野社長のセミナーで知った世界丸ごと投資というコンセプトに共感したので、今後も基本的に「世界分散投資」をしていく予定です。

【セゾン投信】中野社長が登壇!長期投資セミナー「お金の育て方」に参加

2017.04.10

ただし、米国投資派の「先進国で唯一、人口が増加しているアメリカの一強時代が今後も続く」という主張も気になるところ。

世界分散投資に納得しつつ、米国投資に惹かれているのも事実です。

 

迷っていること

次に、迷っていることです。

 

◎株式のみにするか、債券にも投資するか

これは、ずっと迷っています。

株式と債券は違った値動きをするのでリスクが低減できるというのは、投資の常識。

ただ、債券不要論も根強く、債券の代わりにキャッシュで対応してもいいのでは?とも思います。

株式+現金という、シンプルさも捨てがたい。

リスク低減のために、債券を持つのかどうか。

株が暴落したとき、どのくらい冷静でいられるかがカギとなりそうです。

リーマンショック経験者に学ぶ。まだ見ぬ「金融危機」への対策3つ

2017.05.02

 

◎全世界株式一本にするか、複数買うか

世界分散投資をすると仮定したとき、今の第一候補は「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」です。

これ一本買うだけで、日本を含む全世界に時価総額比率で投資できるという優れもの。

 

ただ、私の性格上、一本だけにひたすら投資するって飽きそう…。

投資トライアル期間も一本に絞り切れず、結局二本に投資していました。

私が買っている投資信託*ポートフォリオとアセットアロケーション

2017.04.07

二本あると、成績を比べられたり、なぜ値動きが違うんだろう?と考えたりできて楽しかったです。

なので、できれば複数ファンドに投資したいけど、多すぎるのも管理が難しそうでイヤという微妙なバランスで迷っています(笑)

 

◎目的を老後資金に限定するか、そのほかにも設定するか

投資をするにあたって、投資の目的ははっきりさせたいと思っています。

目的がないと、途中で挫折しそう。

インデックス投資は長期投資と相性がいいので、投資の目的は主に老後資金をつくるためと決めています。

でも、それだけって、なんだかちょっとつまんない。

老後資金のほかにも、なにか目的がつくれたらいいな~。

 

「つみたてNISA」で積み立てる候補

では、具体的にどのファンドを積み立てていくのか。

前述した全世界株式は決定としても、それ一本だとつまんない…。

そこで、いろいろ妄想してみました。

 

「楽天VT」+「楽天VTI」を積み立てる

まず最初にしたのは、この妄想。↓

VT(世界分散投資)とVTI(米国投資)を半々で買う、という方法です。

↓楽天VT、VTIの記事。

VTに投資!「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が超気になる

2017.09.24

VTIに投資!「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も、超気になる

2017.09.26

気持ち的に世界分散しながらも、よりリターンの狙えるアメリカ比率を高める、という妄想。

これだと、株式100%になります。

まだちゃんとアセアロ出せてないので、調べてまた記事にしたいと思います。

 

「楽天VT」+「楽天VTI」+「eMAXIS SIimバランス(8資産均等型)」+「世界経済インデックスファンド」を積み立てる

はい、さらに複雑にしたのが、こちらの妄想になります(笑)

イメージ的には、

◎夫「つみたてNISA」

→「楽天VT」+「楽天VTI」

→老後資金用

 

◎妻「つみたてNISA」

→「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」+「世界経済インデックスファンド」

→お金の置き場所

といった感じ。

 

「VT+VTI」は、老後資金として30年以上ホールドする前提で。

株式100%で値動きが激しいので、もともと無いお金と考え、老後まで長期で積み立てます。

そして債券を含む「バランスファンド2種類」は、まとまったお金が必要になったとき(住宅購入・大学進学等)に取り崩す用とします。

お金が必要になった時点で元本割れしにくいように、債券を含むアセアロで対応。

つまり、気になるファンド(4本!)をぜんぶ買っちゃう、という妄想ですw

このまま語ると長くなりそうなので、この妄想のアセアロ・リスク・リターン等は、また別途記事にしたいと思います。

 

まとめ

ポートフォリオやアセットアロケーションを決めるのって、難しいですね。

みなさんどうやって決めているんでしょうか。

じぶんのリスク許容度とか、正直あまりピンときていません…。

そうはいっても資産形成のために投資はしていきたいので、今は想像力を働かせて、しっかり悩みたいと思います。

こうやって悩むのも、投資の醍醐味ですね☆

 

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です