【コラボ企画】アラサーDINKS夫婦のリアル生活費事情*七海家編

七海(@nanamiblog)です。

 

ブロガー仲間のナナミライさん(@7mira1)にお誘い頂き、今回はじめてブロガーコラボ企画に参加させてもらうことになりました。

 

お題は、「アラサーDINKS夫婦のリアル生活費事情」です。

 

アラサーDINKSのマネーブロガー(でいいのかな?笑)が、リアルな生活費事情を包み隠さず公開するという企画です。

 

DINKS(ディンクス)とは、ダブルインカム・ノーキッズの略で、子どものいない共働き夫婦のこと。

一般的に、DINKS期間とは新婚~子どもができるまでを指すようです。

 

今回のコラボ企画は、企画者のナナミライさんを含め、下記4名が参加しています。

(敬称略)

参加者ブログコラボ記事
ナナミライ知恵トクライフブロガーコラボ企画『アラサーDINKS夫婦のリアル生活費事情』
あきんこあきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ全国・東京都23区の平均値と比較する我が家の家計簿分析*アラサーDINKSブログ企画*
フルムーン働く主婦のお金専業ブログブロガーコラボ企画『アラサーDINKS夫婦のリアル生活費事情』
七海七海の資産形成コトハジメ※当記事
【コラボ企画】アラサーDINKS夫婦のリアル生活費事情*七海家編

 

みなさんアラサーDINKSのブロガー仲間です。

知識量・人間性・スタンスともに尊敬できる方たちばかり。

同じ属性ということもあり、いつも刺激をもらいつつ仲良くさせてもらっています。

今回のコラボ記事、みんなの生活費事情を読むのも楽しみだな~☆

 

このような機会をくださったナナミライさん、本当にありがとうございます!

 

では、さっそく七海家のリアル生活費事情を、覗き見していってください^^♪

 

「リアル生活費事情」を覗き見する前に…

まず前提として、いくつかお伝えしておきたいことがあります。

 

七海家について

現在の七海家の状況です。

 

  • 夫婦ふたり暮らし
  • フルタイム共働き
  • 地方在住
  • 賃貸(1LDK)
  • 車1台、原付1台所有
  • 夫婦ふたり分の奨学金を返済中

 

田舎のアラサー夫婦です(笑)

 

七海家の家計管理について

夫婦の家計管理方法は、ざっくり分けて2種類あると思います。

 

  1. 夫婦で別々に管理
  2. 夫婦合算で管理(どちらか一方が管理)

 

七海家は②で、家計は妻である私が一括で管理しています。

 

なので、公開している収入・支出は、どちらも夫婦ふたり分の合算です。

 

集計期間について

「期間はおまかせします」とのことなので単月で分析しようか悩みましたが、せっかくなので今回は2017年4~9月の半年分を集計することにしました。

 

当ブログでは、2017年4月にブログをスタートしてからの半年間、毎月の家計簿を公開しています。

【2017年4月*DINKS家計簿】イレギュラー連発で、貯蓄率70%超え!

2017.05.02

【2017年5月*DINKS家計簿】車税・母の日etc…特別費増で貯蓄率44.6%

2017.06.01

【2017年6月*DINKS家計簿】夏季のボーナス支給で、貯蓄率73.9%!

2017.07.02

【2017年7月*DINKS家計簿】夏のボーナスでソファを購入!貯蓄率26.3%

2017.08.02

【2017年8月*DINKS家計簿】夏休みは健康に投資。貯蓄率51.9%

2017.09.02

【2017年9月*DINKS家計簿】気の緩みで外食に走りました。貯蓄率50.0%

2017.10.02

 

ちょうど良い機会を頂いたので、今回は半年分の家計を振り返り、ひと月の生活費の支出平均を出してみたいと思います。

 

支出項目について

支出項目は、各自の家計簿の項目ではなくて、マネーフォワードの大項目+αでナナミライさんが考えてくださった項目に合わせます。

なので、いつもブログで公開している項目とは若干異なることをご了承ください。

 

ナナミライさんのご配慮で「支出の割合は必須だけど支出の金額は任意」とのことでしたが、当ブログではいつも金額入りでぶっちゃけ公開しているため、この記事でも割合・金額ともにリアル公開しちゃいます☆

 

七海家、2017年4~9月の生活費

2017年4~9月、半年間の家計簿をもとに、月々の生活費の割合と支出平均を出してみました。

 

 

前述したように、項目はナナミライさんが設定してくださったマネーフォワードの大項目+αです。

 

夏のボーナスのおかげで、月平均61万の手取り収入があったようです。

ビバ・ボーナス。

 

そして、毎月の生活費(投資と繰り上げ返済を除いた額)は、月平均27万5101円。

あれれ?わが家の予算は月25万なので、2万5000円もオーバーしていますね。

 

要因は、ニトリのリクライニングソファを衝動買いしたことと、健康投資(予防接種・歯科検診・AMH検査など)にお金をかけたこと。

ただしどちらも良い出費だったので、まあ良しとします。(じぶんに甘い

 

支出割合をグラフにすると、こうなります

支出割合をグラフにしたものが、こちら。

 

この他に「税・社会保障」の項目もあったのですが、税金はすべて給料天引きなので省かせてもらいました。

 

わが家は現在奨学金の繰り上げ返済をしているので、生活費以外の余ったお金は(積立投資の2万をのぞき)すべて繰り上げ返済にあてています。

【残額99万3553円】奨学金と年内に決別したい!繰り上げ返済をする理由

2017.08.04

 

繰り上げ返済の割合が多すぎて生活費の割合が見にくいので、生活費だけのグラフも作ってみました。

 

生活費の割合が大きい順に、

  1. 住宅 月々5万9108円(9.7%)
  2. 食費 月々3万6056円(5.9%)
  3. 奨学金返済 月々2万7221円(4.5%)

となっています。

 

やはり月々の奨学金返済が家計を圧迫しているので、引き続き年内の完済を目指してがんばりたいと思います。

 

各支出項目の補足

各家庭によって支出項目の扱いが違うと思うので、少し補足を入れさせてもらいます。

 

  • 「住宅」は、家賃の中に駐車場代&wi-fi代も含まれています。
  • 「食費」は、朝・昼・夕、そして外食もすべて含めた金額です。
  • 「趣味・娯楽」は、基本的に各自のおこづかいから出しているため、今回は7月に買ったニトリのリクライニングソファの金額を半年で割って入れています。
  • 「通信費」は、スマホ2台分です。
  • 「保険」は、妻医療保険と個人賠償責任保険です。
  • 「自動車」は、車税と任意保険などの維持費を月で割った金額です。
  • 「交通費」は、ほぼガソリン代で、仕事で使った分も含まれています。
  • 「おこづかい」は、ふだん夫婦同額ずつ1万ですが、ボーナスのとき臨時おこづかいとして夫に5万渡したので夫の金額のほうが大きくなっています。

 

私がリアルな家計簿をブログで公開している理由

私は節約家でも無ければ、マネーリテラシーが高いわけでもありません。

正直、独身時代は浪費家の部類でした。

奨学金の繰り上げ返済なんてイチミリも考えておらず、毎日が楽しければそれで良かった。

 

いざ結婚して、お金を貯める必要性に気付いたときには、時すでに遅し。

結婚や引っ越し等で貯金は無くなるし、奨学金の返済は夫婦あわせて300万ほど残っていたし、急に「この先大丈夫なのかな?」と不安に襲われました。

しかし夫はというと、のほほん♪としていて、私の不安をわかってくれない…(笑)

「私がなんとかしなきゃ。」

 

そんなとき、私をいちばん助けてくれたのが、マネーブロガーさんが書いている記事とリアルな家計簿でした。

同世代の方も多いのに、みんな驚くほど貯蓄率が高く、資産額も多い。

 

ななみ
なるほど。こういう家計管理をすれば、お金って貯まるんだ

 

私なりに研究を重ね、1年で300万以上の貯金に成功。

こうしてちょっぴり自信をつけ、「私も発信側になりたい」と、このブログをはじめました。

 

お金で不安を感じている人の気持ちがわかるから、少しでも力になりたい。 

お手本になる家計とはほど遠いですが、なにかひとつでも気付きになることがあればと思い、毎月の家計簿を公開しています。

 

半年の家計管理を振り返って

ちょっと話が逸れちゃいましたが…><

せっかくなので、最後に軽く振り返りを。

 

良いね!だった点

家計簿を公開するという緊張感もあったのか、ここ半年は以前よりムダ遣いが減り、後々まで満足できるようなお金の使い方ができるようになってきたと思います。

そういう意味でも、ブログをはじめて良かった。

 

たとえばニトリのリクライニングソファは、約8万と私たちにしては思い切った買い物でしたが、日常の生活満足度がぐんと上がりました。

座り心地にうっとり…★ニトリ【電動リクライニングソファ】のレビュー

2017.08.01

 

日ごろのムダ遣いで家計が圧迫されると、こういう質の良い買い物ができなくなってしまうので要注意です。

 

良くないね!だった点

家計簿の記事でも何度か話題にしていますが、職場の交際費がほぼ毎月のように予算オーバーしています。

原因は私で、楽しくて二次会・三次会と行っちゃうのが原因です。

 

飲み会で楽しくストレス発散できていることは良いことだと思うのですが、家計から出しているのが心苦しい。

かといって、月1万のおこづかいから出すとなると、仕事上大切なお付き合いを控えるようになってしまいそう。

 

対策として、「おこづかいを増やして飲み代は各自払いにする」という方法を検討中です。

夫と話し合い、ふたりが納得できる方法を考えていきます。

 

まとめ

七海家のリアル生活費事情、いかがでしたでしょうか。

 

ひとつ言えることは、DINKS期間は本当にお金の貯めどきです。

 

私たち夫婦は、ふたりとも年収は低め。

しかし結婚して二馬力になったことで、貯金のスピードが一気に上がりました。

【DINKS貯金術】新婚DINKSが1年で300万貯めた5ステップ

2017.04.06

 

DINKS期間でしっかり家計管理スキル&貯金癖を身につけることで、「片働きになった」「子どもができた」などの変化にも対応できる家計を作れる気がします。

 

七海家もまだまだ改善の余地ありなので、これからも試行錯誤しながら、夫婦で楽しくがんばっていきたいと思います^^♪

 

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です