VTIに投資!「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も、超気になる

七海(@nanamiblog)です。

 

前回、このような記事を書きました。

VTに投資!「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が超気になる

2017.09.24

 

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が超気になっていて、「つみたてNISA」で買う有力候補!という話です。

 

そして、実はこれの姉妹ファンド?である、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も同じく超気になっています。

節操なくてすみません(笑)

 

「楽天・全世界株式・インデックスファンド」が海外ETFの「VT」に投資するのに対して、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は海外ETFの「VTI」に投資する投資信託です。

前者は日本を含む世界中の株式に投資するファンド、そして後者は米国株式に集中投資するファンドになります。

今回は、米国株投資家に人気のVTIに投資できる「楽天・全米株式インデックス・ファンド」についてまとめます。

 

そもそも「VTI」って何?

私もVTIについてよく知らなかったので、調べてみました。

VTIの正式名称は、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF。

前回紹介したVTと同じく、VTIも海外ETFです。

 

「VTI」の特徴3つ

VTIの特徴は、下記3点。

 

  1. 米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしている
  2. 資産配分は、米国株式市場を正確に表したパッシブ運用
  3. 経費率(投資信託でいう信託報酬)は、0.04%と格安

 

米国株式をほぼ100%カバーして、米国経済の成長をまるごと享受できる商品です。

 

「VTI」の保有上位10銘柄

では、米国株での上位銘柄とは、どのようなラインナップなのでしょうか。

 

アップル・アルファベット(グーグル)・マイクロソフトと、名だたる企業がトップ3入り。

最大保有銘柄であるアップルが全体の2.9%に留まっていることからも、しっかりした分散が窺えます。

 

「VTI」の過去パフォーマンス

過去のパフォーマンスは、こちら。

 

2001年の設定来だと、6.59%です。

 

VTの設定来パフォーマンスが5.53%ですので、世界全体よりも、米国単体での成長率のほうが高いことがわかります。

魅力的ですね。

 

VTIも、VTと同じく債券は含まれておらず株式のみでの運用。

株式のみ&米国への集中投資なので、良くも悪くもリスクは高めなことに注意が必要です。

 

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」とは

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、VTIに投資できる投資信託です。

今までは海外ETFでしか買えなかったVTIが、投資信託で気軽に買えるようになります。

 

コスト(信託報酬)

まずは、気になるコスト。

信託報酬、なんと0.1696%(税込み)。

VTIのコスト0.04%に比べたら少し割高ですが、投資信託として考えると破格の安さです。

 

ななみ
ETFはつみたて機能がなくて分配金もじぶんで再投資しないといけないから、続けていくのが難しそう…

と考えている私としては、投資信託でこの価格ならば許容範囲内。

むしろ「こんなに安くていいんですか!?」というレベルです。

 

↓投資信託とETFの違いは、こちらの記事で。

【インデックス投資とは?②】投資信託とETF。それぞれの特徴を比較

2017.05.27

 

ただし前回の記事でも書いたように、運用開始から一定期間が過ぎて実質コストが出るまでは要注意です。

 

いつから・どこで買えるのか

姉妹ファンド「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と同様、2017年9月29日から販売予定。

販売会社は、楽天証券のみです。

 

楽天のみの独占販売になる可能性が高いのでしょうか。

少し残念ですが、仕方ないですね。

2017年9月28日追記
楽天証券のほか、SBI証券、マネックス証券でも取り扱いが決まりました。

嬉しい~\(^o^)/

※SBI証券は10月20日から取り扱い開始

 

出典:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(2017年3月31日現在)

 

まとめ

なぜ世界分散投資派の私がこのファンドを気にしているのかというと、米国株ブロガーさんの記事を読んでいるうちに米国株投資に興味を持ったからです。

 

ななみ
なんか面白そう!

という、いつもの興味本位。

まあ世界分散投資も半分以上は米国株なので、すでに米国株投資をしているとも言えるかもしれませんが。

ただ「VTIも買ってるよ!」って言いたいだけのミーハーです(笑)

 

ただし、やはり世界分散投資のほうが分散がきいている気がして私は心安らかに投資できるので、家計で投資するぶんはおそらくVTにすると思います。

 

↓中野社長の「世界まるごと投資」に共感した話は、こちらの記事をご覧ください。

【セゾン投信】中野社長が登壇!長期投資セミナー「お金の育て方」に参加

2017.04.10

 

でもでも、じぶんのお小遣いでは、米国株投資してみたいな。

まずは、お小遣い貯めなきゃw

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

2 件のコメント

  • 七海さん、初めまして。
    投資歴1年半の主婦です。
    投資歴は七海さんと同じ位ですが、知識は七海さんの半分以下で、いつも勉強させてもらっています。
    私も、楽天の全米株式めっちゃ気になります!
    どんどん新しいファンドが増え、買いたくなってしまいます。
    保有ファンドが増えて困っています。
    解約した後に後悔するのでは、と思い手放す事も出来ず、優柔不断は困りますね…。
    何かアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

    • ゆっきーさん
      コメントありがとうございます★
      投資歴、同期ですね~!嬉しいです!
      私も知識不足でわからないことだらけで、「わからないことを調べてブログに書く」というスタイルでやってます(笑)
      新しく魅力的なファンドが出てくると買いたくなる気持ち、わかります。
      アドバイスできるほどの知識はなく恐縮ですが、保有ファンドが増えすぎると管理が大変ということであれば、「新しいファンドに変更するのは1年に1回」「利益が〇%出たら売る」など、“じぶんルール”を作ってみるのはいかがでしょうか^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です