「世界経済インデックスファンド」が大好き!な、3つの理由

こんにちは。七海です。

突然ですが、私は「世界経済インデックスファンド」が大好きです。

現在、「世界経済インデックスファンド」と「eMAXIS Slim(8資産均等型)」の2種類に投資していますが、どちらかひとつを選べと言われたら、「世界経済インデックスファンド」を選ぶと思います。

インデックス投資界では「信託報酬の低さこそ正義!」みたいなところがありますが、「世界経済インデックスファンド」は、信託報酬が年率0.54%。

「eMAXIS Slim(8資産均等型)」が年率0.2376%なのと比べると、信託報酬の低さでは残念ながら完敗…

今回は、それでも私が「世界経済インデックスファンド」を気に入っている理由をお話します。

ななみ
お願い、どうでもいいとか言わないで…(笑)

「世界経済インデックスファンド」の魅力

まずは、かんたんにファンドの紹介を。

「世界経済インデックスファンド」は、これを1本買うだけで、世界中の株式・債券に幅広く分散投資できるバランスファンド。

インデックスファンドを使い世界中に分散投資するため、世界経済の成長に沿って、世界経済の発展を享受できる商品です。

投資対象は、6種類。

「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」の6つです。

姉妹ファンドとして、株式が多めの「株式シフト型」と、債券が多めの「債券シフト型」もあります。

ちなみに、私は株式と債券が50%ずつのものを買っています。

魅力・その1 GDPシェアの変化に応じて、投資比率を変更してくれる

「世界経済インデックスファンド」は、GDPの比率を参考にして、投資比率を決めています。

GDP(国内総生産)は、経済・景気の動向をよむ、もっとも有名な指標。

ファンドの説明には、こう書かれています。

世界経済に占める各地域のGDPシェアの変化に応じて、原則として 年1回地域別構成⽐の⾒直しを⾏う場合があります。

つまり、各国のGDPシェアが変化すれば、それに沿ってファンドの組入比率を変更してくれるということ。

私はどちらかというと、「すべてに均等に投資する」よりも、「世界経済の規模によって投資比率を決める」ほうがしっくりきます。

わざわざ、じぶんでGDPシェアを調べて、投資比率を変えるのは大変なので、これを自動的にしてくれるのが嬉しいポイント。

同じコンセプトの商品として、時価総額比率の変化に応じて投資比率を変える「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」があります。

時価総額比率が「今の経済規模に合わせて投資する」イメージなのに対して、GDP比率は「今後の経済発展を予測して投資する」イメージ。

なんとなくですが、私はGDPのほうが攻めてる感じで好きなんです。

ちょっぴり、わくわくする感じ。

まあ、そこはなんとなーく好きなだけなので、時価総額比率の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でもいいのですが。

セゾンは、信託報酬が年率0.68%±0.03%と、少しお高め。

というわけで、私は「世界経済インデックスファンド」を選びました。

◎好きポイント

勝手に投資比率を変えてくれるのでラク。GDP=時代を先読みして投資している感じも、かっちょいい。

魅力・その2 今後の経済発展が期待できる新興国比率が高め

「世界経済インデックスファンド」の特徴として、新興国比率が高めということが挙げられます。

新興国は、まだまだ人口も増えていて、成長は未知数。

すぐに先進国並みに発展することはないかもしれませんが、30年以上という長期投資であれば、じゅうぶん成長の可能性を感じます。

もちろん成長の可能性がある代わり、その反対のリスクがあることも忘れちゃいけません。

さいきんは米国株ブログなどで、「経済大国・アメリカには世界中の企業が集まっているので、アメリカに投資すれば世界中に分散投資しているのと同じ」という意見も見かけます。

その通りなのかもしれませんが、私は今のところ、アメリカだけに投資するのは集中投資だと感じるので、新興国にも投資することを選んでいます。

根拠はありません、なんとなくです(笑)

◎好きポイント

勢いと可能性を感じる新興国に投資したい。新興国を応援したい気持ちもある。

魅力・その3 株式と債券が50%ずつ

投資ブログを見ていると、さまざまな意見があります。

「外国債券はリスクのわりにリターンが低い」

「長期なら株式のみでOK」

「リスクを抑えるために債券も必要だ」

「さいきんは株式と債券は同じ動きをしているから分散の意味がない」

などなど。

いろいろ読んだ末にたどり着いた、私の考えは。

ななみ
もうわからないから、半々にしちゃえ!

というわけで、困ったときのフィフティーフィフティーを発動。

なんとなく気持ちいいし、落ち着きますよね。

半分ずつって。

同じ理由で、今後「リスク資産」と「無リスク資産」も半々で持ちたいなー、なんて考えています。

◎好きポイント

50%ずつって、落ち着く。

理由は曖昧だけど、「世界経済インデックスファンド」が好きなんです

私の性格のテキトーさが、よくわかる記事になってしまいました。

「世界経済インデックスファンド」への愛が、なんとなく伝わりましたでしょうか(笑)

いろいろ好きな理由を考えてみましたが、結局なんでこんなに好きなのか、じぶんでもよくわからず…

もしかすると、「世界経済インデックスファンド」っていう名前が、かっこよくて好きなだけかもしませんw

「つみたてNISA」がスタートするまでに、もうちょっと勉強して、これからもこのファンドとお付き合いしていくかどうか、じっくり検討していきたいと思います☆

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です