家計支出の削減方法。月の支出予算を25万→20万にする方法を考える

こんにちは。七海です。

いきなりですが、皆さんの月の平均の生活費はいくらですか?

七海家は、生活費の月平均が25万なので、年間支出が300万ほどです。

今考えている目標は、月の生活費を25万→20万にすること。

今回は、月の生活費を20万以内に抑える方法を考えます。

なぜ月の支出を20万にしたいか

私たち夫婦は現在フルタイム共働きで、お互い手取り額が年300万くらい。

ざっくり言うと世帯での年間手取り額が600万で、そのうち300万を貯金(投資)に回している状態です。

私は最近まで、

ななみ
年間300万も貯金できてるなんて、私たちにしては上出来!順調順調♪

と思っていました。

しかし、本当に順調なのでしょうか。

どちらかが仕事をやめれば、生活で手一杯に

今のままでは、私たちのどちらか一方が仕事をやめたら、世帯の手取り額は年300万に。

七海家の年間の生活費が300万なので、収入はすべて生活費に消えてしまう計算になります。

そう、貯金ができなくなるのです。

それは即ち、積立投資も継続できなくなることを意味します。

もし、月の支出が20万に抑えられたら?

もし月の支出を20万に抑えられたら、年間での支出は240万。

片働きでも、年間で60万は貯金ができる計算になります。

そのうち、半分くらいは投資に回せると思うので、少額ずつですが、積立投資も継続していけそうです。

月の支出を、25万→20万にするために

ここからは、月の支出を25万→20万に減らすための具体的な方法を考えます。

支出を5万も減らさないといけないので、なかなか大変そう…

下記が、七海家の月の支出予算です。

支出を減らす項目①奨学金

まず、奨学金返済の支出、2万7221円を減らしたいですね。

これは完済するしか方法がないので、今年度はガンガン繰り上げ返済をしていく方針です。

目標は、今年中の完済!

奨学金を完済すれば、月に2万7221円削減できます。

支出を減らす項目②通信費

次に、通信費の1万2000円。

夫は格安SIMで月に3000円くらいですが、私はまだ大手キャリアなので、月に9000円ほどかかっています。

これは、2年縛りから開放されるタイミング(今年の12月)で格安SIMに乗り換え、3000円くらいに抑える予定。

9000円→3000円になるので、月に6000円もの支出減。

通信費は、月に6000円削減できます。

支出を減らす項目③食費

次に、食費。

今は共働きのため、外食やコンビニ弁当に頼ることも多いのですが、片働きになったら自炊ができそうです。

食費は4万→3万くらいに減らせそう。

食費は、月に1万削減できます。

支出を減らす項目④交通費

次に、交通費の2万ですが、ほぼガソリン代です。

これは仕事で使っている分も入っているので、仕事をやめれば、簡単に2万→1万くらいに削減できそうです。

交通費は、月に1万削減できます。

支出を減らす項目⑤職場交際費

両方とも月2回ほど飲み会のある職場なので、仕事関係の飲み会代はこちらの予算から出しています。

ふたり分で1万5000円なので、ひとりあたり7500円。

ひとりが仕事をやめたら、7500円は飲み会代を削減できます。

職場交際費は、月に7500円削減できます。

支出削減できそうな項目まとめ

月の支出を減らせそうな項目を、まとめます。

  • 奨学金返済 2万7221円
  • 通信費 6000円
  • 食費 1万
  • 交通費 1万
  • 職場交際費 7500円

合計で、6万721円の支出減

ななみ
あら?5万以上削減できちゃう!

片一方が仕事をやめたとして考えると、意外と楽に目標以上の支出を削減できそうな見込みとなりました。

やはり共働きゆえに支出が多くなっている項目(食費・交通費・職場交際費)もありますね。

これで、片働きになったときも安心です。

良かった良かった。

家計支出、削減のコツ

私が考える支出削減のコツは、逆算して考えることです。

とくに、最大の固定費である「家賃」は、相場平均ではなく、自分たちの家計レベルを考えて決めたほうがいいと思います。

新社会人や新婚さんは、

相場平均くらいの家賃で家を借りる→生活してみる→余りを貯金する

というパターンが多いようです。

しかし、高給取りでない限り、この方法でお金は貯まりません。

お金を貯めたいのならば、

年にどのくらい貯金したいか→月の生活費はどのくらいかかるか→家賃はいくら出せるか

という逆算で考え、家賃を決めるのがおすすめです。

世帯年収が低めの七海家が、年間300万以上を貯金できたのは、この逆算方法で家賃を決めたからだと思います。

家賃は相場平均に合わせて決めるのではなく、自分たちに合うレベルで設定しましょう。

ライフステージの変化にも対応できる家計管理を

なぜ私がこんなことを考えているのかというと、数年以内には子どもが欲しいな~と思っているからです。

子どもができるかは「神のみぞ知る」ですが、備えておくにこしたことはありません。

今回、具体的に予算の削減方法を考えてみたことで、不安が少しやわらぎました。

子どもができたら、子ども関連の費用がプラスでかかるので油断は禁物ですが、本気になればもっと支出は削減できそうだということがわかっただけでも良かったです。

片働きになる可能性に備えて、今年中に奨学金を完済し、速やかにスマホを格安SIMへと乗り換えたいと思います☆

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です