【インデックス投資とは?①】インデックス運用とアクティブ運用の違い

こんにちは。七海です。

私は資産運用の柱として、インデックス投資をしていくつもりです。

インデックス投資とはどういう投資法なのか、まだ記事にしていなかったので、私なりにまとめてみます。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、インデックス運用している金融商品を買う投資方法です。

インデックス運用とはTOPIXや日経平均株価、ダウ平均株価などの市場平均(ベンチマーク)と同じ動きを目指す運用方法のこと。

つまり、インデックス投資は、市場の平均値と同程度のパフォーマンスが期待できるということです。

それに対して、市場平均を上回ることを目指す運用方法もあります。

これをアクティブ運用といいます。

インデックス運用とアクティブ運用の違い

インデックス運用とは、市場平均と同じ動きを目指す運用方法。

アクティブ運用とは、市場平均を上回ることを目指す運用方法。

ななみ
市場平均と同じ動きを目指すインデックス運用より、市場平均を上回ることを目指すアクティブ運用のほうが良いんじゃない?

しかし実際は、アクティブ運用がインデックス運用のパフォーマンスを上回ることは難しいのです。

アクティブ運用の多くが、インデックス運用に勝てない

アクティブ運用のほとんどはインデックス運用に勝てないというデータがあります。

理由はいくつかありますが、わかりやすく一言で説明するならばインデックス運用が機械的に市場平均をとっていく一方で、アクティブ運用は人(ファンドマネージャー)が取捨選択して運用しているため当たり外れがあるということです。

ファンドマネージャーが「この銘柄は下がりそうだな…」と思った株を売り、「この銘柄はこれから伸びるぞ!」と思った株を買い、積極的に銘柄選択をして、毎日のように株を売り買いしています。

それによって、市場平均よりも高いパフォーマンスを叩き出すことを目指しているのです。

すべては、ファンドマネージャーの腕次第。

もちろん優秀なファンドマネージャーもいますが、いくら優秀でも、継続的にずっと市場平均に勝ち続けることは至難の業。

また、人(ファンドマネージャー)が運用しているということは、その人への報酬も発生するわけなので、アクティブ運用は、インデックス運用よりもコスト(信託報酬)が高いのです。

高いコストは、長期運用になるほどリターンを蝕んでいくので、アクティブ運用は好成績が出しにくいという側面もあるようです。

インデックス運用とアクティブ運用の違いを、表にまとめると、こんな感じ。

 インデックス運用アクティブ運用
運用の目標市場平均と同じくらいを目指す市場平均を上回ることを目指す
運用のコスト安い(年率0.9%以下)高い(年率1%以上)
運用の成績市場平均と同程度の成績になるファンドマネージャーの腕次第

インデックス運用とアクティブ運用のメリット・デメリット

もちろん「絶対にインデックス運用にするべき!」というわけではなく、アクティブ運用ならではのメリットだってあります。

それぞれ、メリットとデメリットを整理してみますね。

インデックス運用のメリット・デメリット

インデックス運用の、メリットとデメリットは。

インデックス運用のメリットは、何も考えずに機械的に市場平均を買うだけで経済成長に伴い資産が成長していくということ。

インデックス運用のデメリットは、平均以上のパフォーマンスで大勝ちすることは見込めないということ。

合理的でムダのない運用方法なのですが、それがゆえに、投資としては退屈でつまらない。

退屈でけっこう。銀行の預金や定期だと低金利すぎてまったく殖えないから、長期で運用して多少は資産を殖やしていきたい

という人には、インデックス運用が向いていると思います。

アクティブ運用のメリット・デメリット

アクティブ運用の、メリットとデメリットは。

アクティブ運用のメリットは、市場平均以上のパフォーマンスを叩き出して大勝ちすることがあるということ。

アクティブ運用のデメリットは、逆に大負けしてしまうこともあり得るということ。

大きなリスクをとってでも、大勝ちする可能性にかけたい!

という人には、アクティブ運用もいい選択肢になると思います。

「インデックス運用×アクティブ運用」の組み合わせも有り

インデックス運用とアクティブ運用、「どちらかを選ばないといけない」というわけではないので、両方を組み合わせて買っている投資家さんもいます。

たとえば、資産の大半をインデックスで着実に運用しつつ、お遊びていどの額でアクティブを買ってみる、といった方法も可能。

これをコア・サテライト戦略といいます。

「コアとなる資産は安定的な運用をしながら、サテライトではちょっぴり冒険してリターンを高めることを狙いたい」という投資家さんに、ぴったりの戦略ですね。

私も何年か後に、順調に資産が育っていれば、チャレンジしてみたいな。

まとめ

今回は、インデックス運用とアクティブ運用の違いをまとめてみました。

ざっくりと言うならば、

  • 平均的な成績でいい人は、インデックス運用
  • 平均以上を狙いたい人は、アクティブ運用
といった感じですかね。

あなたは、どちらを選びますか?

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です