はじめての売却。eMAXISバランス(8資産均等型)→Slimに乗り換えます

こんにちは。七海です。

このたび、はじめて投資信託の売却(解約)をしてみました。

eMAXISバランス(8資産均等型)を全売却し、その資金でeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)を買い付けます。

つまり、ファンドの乗り換えですね。

以前の記事では「iFree8資産バランス」に乗り換えると言っていましたが、その後もっと条件の良いファンド「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」が登場したので、乗り換え先をそちらに変更しました。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

↓「iFree8資産バランス」に乗り換えると言っていた記事

ポートフォリオ変更。eMAXIS(8資産均等型)→iFree8資産バランスに

2017.04.19

↓「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」が登場したときの記事

低コストバランスファンド、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が登場!

2017.04.22

そもそも、なぜ乗り換えるのか

なぜ、このタイミングで乗り換えるのか。

以前も少し書きましたが、投資信託を売却した経験が無いので、売却をしてみたかったというのが最大の理由。

ただし資産配分は変えたくなかったので、まったく同じタイプ(8資産均等型)のものに乗り換えました。

つまり、七海家のポートフォリオ(積立ファンド)は、こうなります。

  • 世界経済インデックスファンド→変更なし
  • eMAXISバランス(8資産均等型)→eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)に乗り換え

アセットアロケーション(資産配分)は、下記から変更なしです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

私が買っている投資信託*ポートフォリオとアセットアロケーション

2017.04.07

売却をしてみた感想

では、はじめて売却をしてみた感想を。

  • まったく抵抗なく売却できた
  • 意外とあっさり売却処理が完了
  • 現金として手元に来るのは思ったより遅い

こんなもんでしょうか。

まったく抵抗なく売却できた

売却したときの損益状況は、こんな感じ。

上がり相場を受けて、プラスリターン。

今回売却した「eMAXISバランス(8資産均等型)」は、11万を投資して、8578円の含み益(+7.79%)。

だからでしょうか。

売るとき、なにも感じませんでした。

なんていうか。

売却=損益確定なので、少しはドキドキするかな~と思っていたので。

競馬で100円馬券を当てて1300円くらいで換金したときは、あんなにドキドキしたのに(笑)

今回は8000円くらい儲かった(まだ約定はしてないので未確定ですが)のに、なにも感じず。

ふ〜ん、という感想です(笑)

もしマイナスリターンになっていたら、悔しいと感じたかもしれませんが…

意外とあっさり売却処理が完了

はじめての売却なので、時間がかかるかな~と思ったのですが。

めちゃくちゃあっさりと、売却注文が完了してしまいました。

時間にすると2~3分ほどでしょうか。

「取引パスワード」を思い出すのに、少々手間取ったくらい。

こんなに簡単に売れるんですね。

もちろん、すべてネット上での取引です。

現金として手元に来るのは思ったより遅い

こちらが、売却注文したときの確認画面。

5月15日(月)の夜に注文したのですが、翌営業日5月16日(火)での受付となりました。

注文の当日受付は、15時までのようです。

約定日(売却価格が決定する日)が5月17日(水)、受渡日が5月23日(火)

売却注文日から受渡日まで、1週間もかかるのか。

3日~5日くらいでは現金が手元にくるイメージでしたが、わりとタイムラグがありますね。

お金が必要になったときは、余裕をもって売却注文しておく必要がありそうです。

概算受渡金額って何?

ここで疑問が。

ななみ
「概算受渡金額」が112649円ってあるけど、これってどういう意味?この金額が手元にくるっていうことかな?

わからなかったのでググってみると、SBI証券のQ&Aを見つけました。

Q:金額指定の投資信託を売却しようとしたら、概算受渡金額が評価額より少なくなっているのはどうしてですか?

A:審査に使用する基準価額は、発表時間等の関係で前営業日の基準価額となっております。したがいまして、ご注文される段階では約定する基準価額はわかりません。当社では、投資信託の売却の際には、基準価額の変動を考慮し、表示されている基準価額から5%差し引いた金額を概算受渡金額として表示させていただいております。なお、約定反映日は、約定日の翌営業日となりますので、そのタイミングで決定された受渡代金にて買付余力に反映されます。

5%差し引いた金額…なぜだろう…

つまり、受渡日まで手元にくる金額はわからないということですよね。

大きい額を売却するときは、ドキドキしそうです(笑)

はじめての売却をしてみて

今回、はじめて投資信託の売却をしてみました。

ななみ
なるほど、こんな感じで売ればいいんだな~

と、初心者なりに、少し自信がついた感じ。

そもそも、30年以上のホールドを目標としているので、売る機会はないことを願うのですが。

しかし、人生いつどんなことが起こるかわかりません。

いざというときに「売ったことない!」と慌てるのが怖かったので、経験してみました。

なにごとも、経験です。

以上、「七海、はじめて投資信託を売却するの巻」でした(笑)

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

3 件のコメント

  • はじめまして。
    売却をしたことがなかったのでとても参考になりました。乗り換え先のslimを購入する際は、いくらずつかに分けて購入されるのでしょうか?

    売却して入ってきたお金で一括購入する→購入のタイミングの分散にならないので望ましくない?
    売却して入ってきたお金を元手にslimで1から積み立てを始める→ある程度の額に到達するまで時間がかかり不利になる?

    どちらが良いのか悩んでしまいます。考え方のヒントがあればお教えくださいm(__)m

    • nankaiikanjiさん

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      参考にしていただき、ありがとうございます☆

      私は乗り換えの際、売却したお金で一括購入しました。
      売り→買いがほぼ同時ならば、相場が大きく動く可能性が低いため、これまでの成績をそのまま引き継げると考えたからです。
      例)1万の含み益が出ているときに売れば、新しい投信を1万分多く買えるので、保有口数はほとんど変わらない

      ただし乗り換えは、(古い投信の)売却注文→売却金の受渡→(新しい投信の)買付注文→買付成立という手順を踏まなければならず、どうしても数日のタイムラグが生じてしまいます。
      その間に相場が動き、基準価格の変動が起これば、損したり得したりしますよね。
      ある意味、「一括購入したほうがいいのか」「時間分散して積立したほうがいいのか」は、賭けになってしまうと思います。
      投資額が大きければ大きいほど、乗り換えはこわいですよね。

      改めて、「投資信託の売り買い(乗り換え)はなるべく避けたほうがいい」と感じました。

      私も投資初心者なので勉強中の身ですが、少しでも参考になれば幸いです。

      • お返事ありがとうございます!
        slimシリーズのように同じような内容で割安なファンドがこれからも出てくると思うので、乗り換えについても真剣に考えないといけないと思いました。とても参考になりました。
        ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です