マネーフォワードを使い始めて2年。自動家計簿はこんな人におすすめ

こんにちは。七海です。

私は結婚した当初から、マネーフォワードを使って自動家計簿をつけています。

2年ほど使ってみて、自動家計簿のメリットとデメリットが見えてきました。

自動家計簿とは、銀行やクレジットカードなどと連携させ、自動的に家計簿をつけてくれるもの。

私はマネーフォワードを使い、家計管理が劇的に楽になりました。

しかし、「合う人と合わない人がいるだろうな~」とも感じています。

今回は、自動家計簿をおすすめできる人、そして逆におすすめできない人をまとめます。

自動家計簿をおすすめできる人

私はマネーフォワードしか使ったことがないので、それ限定の話になってしまうのですが。

自動家計簿のメリットが最大限に活用できるのは、下記のような人だと思います。

おすすめできる人

自動家計簿(マネーフォワード)をおすすめできる人は。

  • クレジットカードのヘビーユーザー
  • 銀行口座をいくつも持ち、じぶんの資産総額がわからない人
  • まずはざっくりと家計の収支が知りたい人
  • 紙の家計簿は何度か試したけれど続かなかったという人
  • 忙しくて家計簿に手間がかけられない

このような人は、マネーフォワードを試してみる価値があります。

クレジットカードとの連携で、手入力が激減

マネーフォワードは、クレジットカードで支払ったぶんが、自動的に家計簿に反映されます。

しかも、いったん登録しておくと、カテゴリー分け(食費・日用品など)も勝手にしてくれるという優れもの。

現金で支払ったぶんだけを手入力すればOKなので、家計簿をつけるのがぐっと楽になりました。

銀行口座との連携で、各口座の残高を把握

銀行口座が複数あると、それぞれの口座に預けている残高の把握が難しくないですか?

「あれ?今あの口座にいくらくらい入ってるんだっけ?」

マネーフォワードなら、登録した口座の残高が一目で確認できます。

また、口座への入金や、口座からの出金があった場合も、すぐに教えてくれます。

わざわざ銀行に行って記帳しなくても、口座の出入金がスマホ上で把握できるのです。

引き落とし口座の残高不足も防ぎやすいので、すごく助かっています。

いつでも資産総額をチェック

また、つねに資産総額が把握できるのも非常に便利です。

「あなたの総資産はいくらですか?」と聞かれて、パッと答えられるでしょうか。

マネーフォワードなら、今じぶんの資産総額がいくらなのか、一目ですぐにわかります。

電子マネーやポイントカード、ねんきんネットなどとも連携可能。

かなり正確な総資産額がわかっちゃいます。

自動家計簿をおすすめできない人

一方で、こういう人にはあまりオススメできないな~というデメリットもあります。

おすすめできない人

自動家計簿(マネーフォワード)をおすすめできない人は。

  • クレジットカードをあまり使わない人
  • ネットバンキングを使ったことがない人
  • 1円でも多くお金を貯めたい人
  • 紙の家計簿が長く続けられている人
  • 銀行口座の残高を把握し、資産総額もわかっている人

このような人は、あえてマネーフォワードを使わなくてもいいと思います。

現金支払いは、けっきょく手入力に

そもそも、クレジットカードをあまり使わない人は、自動家計簿のメリットを十分に享受できません。

現金で支払いをしたぶんは、手入力しなければいけないからです。

現金払い派は、紙の家計簿や、もっと手軽な家計簿アプリのほうが向いていると思います。

ネットバンキングに無縁な人には苦痛かも

マネーフォワードは、まず最初に、クレジットカードや銀行口座と連携させる必要があります。

連携に必要なのが、口座番号ではなく、ネットバンキングのログイン情報。

たとえば、ゆうちょ銀行なら、「ゆうちょダイレクト」というインターネットバンキングサービスに申し込まなければいけません。

インターネットバンキングとは、Web上で残高確認や振り込みなどができるサービス。

今までそういうサービスに必要性を感じていなかった人には、マネーフォワードは合わないかもしれません。

私の母は、ガラケーでネットバンキングに無縁なので、ずっと紙の家計簿をつけています。

1円でも多く貯めたいなら「現金払い+手書き家計簿」がいい

支出を自動的に家計簿につけてくれるのは、とても便利なのですが。

やはり、便利で簡単なぶん、お金を使わないという抑止力には欠けている気がします。

1円でもお金を多く貯めたいならば、「現金払い+手書き家計簿」という組み合わせが最強。

また、クレジットカードで支払ったぶんも、即時反映ではなく、反映されるまで数日のタイムラグがあります。

なので、厳密な予算のもと、きっちりと支出管理したい人には不便かと。

私がマネ―フォワードを使っている理由

私がマネ―フォワードを使い続けているのは。

現在フルタイム共働きだからというのが最大の理由です。

  • 仕事が忙しくて時間がない
  • 1円単位の節約の必要性は感じていない
  • 収支はざっくり把握しておきたい

つまり、自動家計簿を使っているのはストレスなく働ける環境を重視しているから。

もしこの先、子どもが生まれて片働きになったとしたら「現金払い+手書き家計簿」にシフトし、1円でも多くお金を貯めようとするかも。

前提として、万人におすすめできる家計簿はありません。

環境や状況に合わせて、今のじぶんに合った家計簿を探していきたいですね☆

—–
よければ「応援クリック」お願いします♫

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

↑クリック先に、人気の投資ブログ多数有り☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です