【セゾン投信】中野社長が登壇!長期投資セミナー「お金の育て方」に参加

こんにちは。七海です。

昨年のとある日、私が住む地域の郵便局で行われた長期投資セミナーに、セゾン投信の中野社長が登壇されました。

中野社長といえば、私が投資をはじめるきっかけになってくれた人。

例の、積立王子です。

投資への興味ゼロだった私が、積立投資をはじめたきっかけ*前編

2017.04.04

投資への興味ゼロだった私が、積立投資をはじめたきっかけ*後編

2017.04.05

長期投資セミナー『お金の育て方』について

セゾン投信は、2015年より日本郵便と業務提携したため、全国各地の郵便局で長期投資のセミナーを定期的に開催しています。

なんと、参加費は無料。

このありがたいセミナーが、私の住む地域でも開催されるということで。

ななみ
中野社長がこんな田舎に来てくれるなんて!
と感動して、参加した次第であります。

参加方法

参加方法は、セゾン投信のホームページ上部の「セミナー情報」からWeb上で申し込むだけ。

私が参加したのは日本郵便主催のセミナーですが、セゾン投信主催のセミナーも定期的に開催しているようです。

セゾン投信とは?

セゾン投信といえば、

一般家庭の長期的な資産運用をお手伝いする

というコンセプトのもと下記2本のファンドを扱っている、個人投資家に大人気の会社。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン投信のホームページにも、そのコンセプトがはっきりと明記されています。

セゾン投信は、毎日を一生懸命生きている普通の生活者にとって不可欠な、人生における経済的自立に向けた行動を、本格的な長期資産育成型ファンドによってお手伝いするために創業いたしました。

ふむ、これぞ庶民の味方。心強い。

はじめての投資セミナー

投資セミナーって、すごく敷居が高いイメージじゃないですか?

背広を着たバリバリの商社マンとかが会場を埋め尽くし、冷ややかな視線を私に投げかけ、理解不能な業界用語が飛び交い、目を白黒させてうつむく私。

的な、イメージだったのですが。

全くそんなことはなく、来場者はラフな格好の温厚そうな方々(※重要)がほとんどで安心しました。

来場者

セミナーには35人ほどが参加していましたが、ざっと見た感じ、男女比は7:3くらいでしょうか。

40~50代の男性が一番多く、私と同年代のアラサー女性は3人ほどだったと思います。

やっぱり、投資に興味を持っているアラサー女性はまだ少ないのかな。

セミナー内容

セミナーの目次は、下記のとおりです。

「マイナス金利時代を克服するための長期投資」

  1. マイナス金利政策の意図を知る ~否応なく到来するインフレ前提時代~
  2. 国際分散投資の合理性 ~成長の源泉はグローバリゼーション~
  3. セゾン流 長期投資とは? ~価値の増大がお金を育てる~

中野社長のおはなし

自らセミナー会場の入り口に立ち、来場者を笑顔で迎えてくれた中野社長。

ななみ

あ、本物だ。積立王子だ♡

ちょっとウキウキ♡※基本ミーハーです

そんな中野社長のお話はたいへん興味深く、マイナス金利や日銀の政策などの背景も絡めて説明してくれたため、経済に疎い私にとってものすごく勉強になるものでした。

メモとして、お話のなかで特に印象に残ったものをピックアップして感想を残しておきます。

※免責事項※
経済の素人が書いた感想なので、解釈に間違いがあるかもしれませんが何卒ご容赦ください。

“インフレ前提時代”に備える。「預金はゼロに!」というほど強い意識転換が必要

日本人は、人生死ぬまで円まみれの人が多いそうです。

給料はもちろん、預金、不動産、年金。

すべて円資産。

いままでの日本は金利も高く、これでOKでした。

しかしこれからの時代はインフレに備え、“資産防御”という概念が重要だそう。

中野社長いわく、常識からの脱却が必要だと。

「預金をしとけば安心・安全」という常識はとっくに崩れ去っていますが、長期にわたってデフレが続いている日本では、この常識から抜け出せない人が多いのも仕方ないのかもしれません。

しかし、時代は刻一刻と変わっています。

世界経済は、ずっと3~7%の成長を続けている(※リーマンショック時を除く)

リーマンショックの一時的な時期を除き、世界経済は3~7%で成長し続けているという事実があるそう。

長期的な世界分散投資は、当たり前ですが「今後も世界経済が成長していく」という前提を信じていないと成り立ちません。

今後の世界経済成長の目安として、中野社長がひとつ例を出してくれました。

世界最大級の投資銀行、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社が2012年に発表した、世界の経済規模(GDP)の成長予測です。

参考:世界経済は「黄金の10年」へ(ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社)

これは、2010年は約60兆ドルだったのが、2050年には約250兆ドルになる、という予測。

中野社長も、その予測は妥当だと思っているとのこと。

庶民からすると馴染みのない単位でよくわかりませんが、なんだかすごいですよね。

ふだん日本経済の成長に閉塞感を感じているせいか、この世界経済の成長予測を聞いたとき、なんだかとってもわくわくしました。

「世界まるごと投資」で、世界に笑顔や幸せを与えながら、自分のお金を成長させる

中野社長は講演のなかで、セゾン投信の商品の説明はほとんどしませんでした。

これからの日本経済の話と、世界まるごと投資(国際分散投資)の合理性についてじっくり丁寧に説明してくれて、中野社長の信念がダイレクトに伝わってきました。

自分のお金を世界へと働きに出し、“世界が豊かになること(経済成長)”を養分に、コツコツと資産を育てていく。

なんか、ステキ。

セミナーに参加してみて

はじめて参加した投資セミナー。

私みたいな投資のド素人が参加していいのか不安でしたが、初心者向けのセミナーだったため、話のレベルもちょうどいいくらいで本当に有意義な時間でした。

ななみ

勇気をだして参加して良かった〜♪

このセミナーは、投資に少しでも興味を持っている方なら、経済に詳しくなくても十分ついていけます!

全国で定期的に開催しているみたいなので、興味がある方はセゾン投信のホームページでセミナーの日程と場所を確認のうえ、ぜひ参加してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です