積立NISAか、iDecoか。来年1月からの本格積立投資スタートに向けて投資方針を考えてみる

日々、投資ブロガーさんたちの記事を読んでいて、すごく刺激を受けています。

投資方針がしっかり定まっていたり、最終目標額が決まっていたり。

そこで思いました。

私の投資方針、まだ決まってないなと。

せっかくの機会なので、考えてみます。

七海家の投資方針

投資をはじめた当初の気持ちは、こんな感じ。

ななみ
生活防衛金を貯めるまで1年くらいかかるから、まずはそれを貯めながら少額ずつ積み立てしてみて、もし続けられそうなら積立額を増額して本格的に投資をスタートしよう!

あれから10ヵ月。

生活防衛金も今月で達成予定ですし、そろそろ投資方針を考えなきゃいけません。

投資の本格スタートは来年1月からの予定

投資の本格スタートは、来年の1月からを予定しています。

理由は、来年の1月から積立NISAがはじまるから。

今は現行NISAを使っていますが、移し替えも面倒くさそうなので、積立NISAのスタートと同時に本格スタートしたほうがわかりやすいかな~と思って。

来年1月から、どのように投資していくか

まず、投資するにあたっての前提である、目的(目標)を考えます。

そして、現時点で決めていることと、迷っていることを書き出してみます。

【目標】投資目的

60才までに、30年という時間を味方につけて3000万つくる

【確定分】投資方針

  • インデックス投資
  • 世界分散投資
  • 毎月同額ずつ積み立てる
  • バイアンドホールドで30年以上の運用
  • 世界経済の成長が見込める年率4%をねらう

【未確定分】投資方針

  • 個別ファンドか、バランスファンドか(ポートフォリオ)
  • 各資産の比率(アセットアロケーション)
  • 株式だけでいくか、債券も入れるか
  • リートは入れるか
  • iDeco(個人型確定拠出年金)は使うのかどうか

以上です。

書き出してみて、気付きました。

肝心な部分が、なんにも決まってない(汗)

iDecoを使うのか、これがキモ

いちばん迷っているのが、iDeco(個人型確定拠出年金)を使うのかどうかです。

iDecoを使わずにNISAだけにするなら、リバランスが不要なバランスファンド。

iDecoを使うなら、コストが安い個別ファンドを自分で組み合わせて、リバランス。

ここまでは、なんとなくイメージしているのですが。

iDecoを使うかどうかの方針を決めないと、ポートフォリオが決まらないのです…

iDecoの「いいね!」なところ

iDecoの魅力は、やはり税制優遇でしょう。

「やらなきゃ損」やら「絶対やるべき」との声も多いです。

  • 掛け金が全額所得控除できる
  • 運用益が非課税
  • 受け取りの際も税制優遇(退職所得控除 or 公的年金控除)

ステキなことばかりですね。

でも、なんだか気が乗らないのです…

iDecoの「う~ん…」なところ

iDecoに気が乗らない理由は、

  • 途中で引き出せないのが不便
  • 凍結されている特別法人税が不気味
  • 子どもができたら私がいったん会社をやめてしまう

という3点です。

◎途中で引き出せないのが不便

iDecoは、60才まで引き出せません。

投資はバイアンドホールド(長期保有)を基本姿勢にするつもりではありますが、長い人生、なにが起こるかわかりません。

どうしても大金が必要になったとき、自分のお金なのに引き出せないというのがちょっと…

まぁiDecoは年金なので、当たり前なのですが。

◎凍結されている「特別法人税」が不気味

今は凍結されている特別法人税。

なんだかこれ、いつか凍結解除になる気がしません?

マイナンバーも強行したくらいだし、税金足りてないですもんね…

凍結解除されたら、資産残高に対して年率1.173%の税金がかかります。 

10年後とか20年後とか、ある程度残高が積みあがったところで凍結解除されて「キーッ!」ってなる気がする(笑)

◎子どもができたら私がいったん会社をやめてしまう

iDecoは毎月、管理手数料がかかります。

会社をやめると管理手数料は発生するけれど所得控除は受けられない、という状態に。

いったん会社をやめたとしても、いずれ社会復帰はするつもりですが、これも未来の不確定部分なので…

難しい。

七海家の投資パターンは2種類

とりあえず、七海家がどのような枠組みで投資することになるか考えてみました。

  • 積立NISAかiDecoを使い、非課税枠内で投資をする
  • 夫と私、リスク資産はどちらの名義でも保有しておきたい
  • 私がiDecoを使わない

という条件で考えると、この2パターンのどちらかになりそうです。

  1. 夫・積立NISA(3.3万)+妻・積立NISA(3.3万) 
  2. 夫・iDeco(1.2万)+妻・積立NISA(3.3万) 

月々の積立上限額は、前者が6.6万、後者が4.5万になります。

前述どおり目標年率4%で30年運用する場合、月々4万3225円の積立が必要みたい。

なので、積立上限額はどちらのパターンでもOKですね。

こうやって悩むのも楽しい

なんだかんだ楽しいです、悩むのも(笑)

今は投資がマイブームですが、長い人生のなかでは、投資にかまっていられない時期もくるかと思います。

そんなときでも心安らかにコツコツ積立を続けられるように、しっくりくる投資方法を考えていきたいな。

せっかくブログもはじめたことですし。

インプットとアウトプットを繰り返しながら、今年中に方針を固めたいです^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です