結婚費用の全国平均と、私たちの結婚で実際にかかったお金・総まとめ

こんにちは。七海です。

私が結婚したのは、28才のとき。

いまでは結婚3年目を迎え、結婚当初をなつかしく思い出します。

思えば20代前半~半ばにかけて、ちまたの乙女たち同様に結婚費用のため貯金をしていた私ですが、「結婚って実際いくらかかるんだろう」と、とても不安でした。

ネットでは「結婚だけなら貯金ゼロでもOK」との声から「いやいや、数百万はかかります」との意見までさまざま。

今回は結婚でかかる費用の全国平均と、私たちの結婚で実際にかかった費用とを比べ、まとめてみます。

結婚にはどのくらいのお金がかかるのか

結婚でかかる費用には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。

主に、下記の4段階に分かれると思います。

  1. 婚約
  2. 結婚
  3. ハネムーン
  4. 新生活

では、それぞれの全国平均と、私たちが実際にかかった費用とを比べてみます。

※全国平均は、すべてゼクシィのホームページを参考にさせていただきました。

1、婚約にかかった費用

婚約の段階から、お金が発生します(笑)

結婚前の費用なので、盲点になりがちです。

◎結納

結納はするつもりがなかったのですが、私の両親の希望で急遽やることに。

家ではなく、ホテルで行いました。

全国平均:14.2万

七海家 :22.3万

相場より高めだったようです。ホテルだからかな?

ホテルの結納プラン、準備が必要最低限なのでとってもラクでした。

親にも負担がかからないのでおすすめです。

◎婚約指輪

女子の永遠の憧れ、エンゲージリングです。

全国平均:35.9万

七海家 :0円

えっと、私、もらってません。

夫の名誉のために言っておくと、買ってくれなかったわけではなくて、私が事前に「いりません」と自己申告しました。(可愛くない

年に数回つけるだけなのに…と思っちゃって。

指輪自体もつけるのが苦手で、今も結婚指輪は外出時はつけていますが、家に帰るやいなや、靴を脱ぐくらいのスピード感で外します。

※婚約指輪の代わりかどうかわかりませんが、プロポーズのときに時計はいただきました。時計の値段はわからないので、すみませんがここでは計算外とします。

2、結婚にかかった費用

役所に婚姻届けを出すだけなら、0円。

しかし、実際はそうもいきません。

◎結婚指輪

結婚指輪よりも婚約指輪にお金をかけている世間とは逆で、七海家は結婚指輪のほうにお金をかけました。

全国平均:24.3万

七海家 :30万

指輪が苦手とはいえ、さすがに結婚指輪はがんばってつけようと思い。

「結婚指輪は肌身はなさず身につけるものだから今は外してる時間のほうが長いけど」と、あるジュエリーブランドにてセミオーダーでつくってもらいました。

オリジナルの刻印も入れてもらい、とってもお気に入り。

※ちなみに夫はそのこだわりの結婚指輪を、1年足らずで無くしやがりました…(笑)

◎挙式・披露宴

俗に「結婚費用」と聞くと、この挙式・披露宴を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

大金が動きそうなイメージですが、その金額やいかに。

全国平均:359.7万

七海家 :75万

おぉ…!さすがです、堂々たる350万越え…!

七海家の75万が可愛くみえます。

私たちは披露宴はやらずに、「挙式+家族での食事会」という形式でした。

家族のみで15名という、アットホームさ。

15名のうち6名を県外から招待したので、6名分のお足代と宿泊代は私たちで持ちました。

75万の内訳は、

  • 挙式代:30万(衣装・写真・アルバム込み)
  • 食事代:12万(12名分)
  • お足代:18万(6名分)
  • 宿泊代:12万(6名分)
  • ブライダルエステ:3万(私のみ)

といった感じ。

ステンドグラスが映える、可愛らしいチャペルでのアットホームな挙式。

笑顔の家族に囲まれ、ウエディング姿の写真も残せて、すごく良い思い出です。

3、ハネムーンにかかった費用

ゼクシィアンケートによると、なんと9割以上の人がハネムーンに行っているそうです。

さて、私たちはというと。

全国平均:61.6万(+お土産代11.2万)

七海家: 0円

はい、行ってません(笑)

私たちはふたりとも旅行が趣味。

それこそ独身時代は月に1~2回、ふたりでいろんな場所にでかけました。

休みが合えば「今回はどこ行く?」を合言葉に、何百キロも車を飛ばして国内各地へ。よく車中泊もしていました。(若かった…)

そんな旅行好きな私たちなので、ハネムーンは奮発してヨーロッパに行きたかったのですが、ちょうどその時期にヨーロッパの治安が大荒れになって見送りに…

そのまま月日が流れ、今日にいたります(笑)

旅行は十分楽しんだんだから、今はお金を貯めなさい

という神様からの啓示だと受け止め、今は貯金に集中することにします。

いつか行きたいな、ヨーロッパ。(未練

4、新生活にかかった費用

お互いひとり暮らし時代の家具・家電は処分済みだったので、イチから買いそろえました。

ちなみに、賃貸です。

全国平均:72万

七海家: 58万

58万の内訳は、

  • 初期費用(敷金・礼金など):21万
  • 家具・家電・小物類:37万

といった感じ。

引っ越しは、すべて自分たちで運んだので0円です。

結婚で実際にかかったお金

婚約・結婚・ハネムーン・新生活。

これらの一連を「結婚費用」として、かかった総額は。

全国平均:578.9万

七海家 :185.3万

その差、393.6万。

全国平均より低いとはいえ、七海家も約200万かかっていますね。

「結婚に数百万かかる」は、あながち間違っていないようです。

お祝い金もあるので、すべてが自己負担じゃない

とはいえ、すべてを自己負担したわけではありません。

ありがたいことに、披露宴をしなかった私たちでも、家族や親戚、友人たちからお祝い金をいただきました。

お祝い金の半返しをした後、残りの金額を結婚費用にあてられたので自己負担は50万ほどだったと思います。

おかげさまで、あまった貯金で車を一括購入することができました。

総括

全国平均は、578.9万。

すべてを「人並み」にすると、これだけお金がかかるようです。

さいきんすごく思うのですが、「このくらいが相場だから」やら「みんなやってるから」など世間の基準でお金を使っていると、いくらお金があっても足りないな…と。

大切なのは、自分の基準でお金を使うこと。

私は挙式を「両家が仲良くなって欲しい」との想いで行ったので、両家親睦のために家族分の足代や宿泊代を出すことには、なんのためらいもありませんでした。

しかし、ウエディングドレスにはこだわりがなかったため、試着もそこそこに、最安ランクのドレス(3着からしか選べなかった。笑)に決めました。

「こちらもお似合いだと思いますぅ~!」と+48万のマーメイドドレスを熱心に勧めてくれたブライダルショップのお姉さん、すみません…(笑)

これから結婚を控えている方は、自分(そしてお相手)の大切にしていること、そして優先順位をしっかり見極め、どうか後悔のないお金の使い方を…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です